ウーマン

バナースタンドで得られるビックリ仰天の効果|メリットたっぷり

ワクワクする広告

広告

のぼりは今後も有用な広告手段であり、設置条件などの条例を確認すること、良い業者を選定することにより、宣伝効果も発揮され、オンライン広告には無い、顧客へのアピール効果があります。のぼりは顧客の期待感が出る広告手段です。

探し方のコツ

街

看板屋に依頼する前に、見積もりから始めておきたいのですが、電話やメールでも対応しているところがあるので、問い合わせておくと良いです。安いからといったことだけでなく、保証が付いているのか、長持ちするのかをホームページで確認しておきましょう。

設置場所を取らない広告物

バナースタンド

どこでも設置できる自由度

イベント会場や展示会ばかりでなく、ビルの入口や街角などでもスタンド式の広告物をよく見かけます。独自のデザインを施した縦長の布を金属製のスタンドで立てる構造をしており、設置に場所を取らないのが特徴です。こうした広告物のことをバナースタンドと呼びます。バナースタンドを広げた形態はポスターにも似ていますが、ポスターを貼るには壁や窓ガラスといった場所が必要です。その点でバナースタンドには、ポスター類を貼ることのできない場所でも設置できる自由度の高さがあります。本来は屋内用の広告物ですが、耐水性の素材を使うことで屋外でも設置できる製品が少なくありません。こうしたバナースタンドがさまざまな場面で大活躍しています。屋外に設置すれば通行人の足を止めさせ、イベントやセールの行われている会場や店内まで導いてくれます。タイムリーなアイデアに満ちたビジュアル表現を工夫することにより、人が立って呼び込みをする以上の高い集客効果が期待できるのです。セミナーや展示会場でもバナースタンドは欠かせないアイテムとなっています。訪問客1人1人に担当者が説明する代わり、説明表示を見てもらうことで役割を果たせるのです。

組立方式で選ぶ

バナースタンドは看板などの広告物を製作している業者に注文すれば作ってもらえます。インターネットを通じて注文できる専門ショップは、手軽に利用できる点で特に人気を集めています。データ入稿方式に対応した業者なら、自分で画像編集ソフトなどを使って作成したデザインをプリントしてもらえます。テンプレートを用意しているサイトも多く、自分でデザインできなくても注文は可能です。バナースタンドにも組立方式によっていくつかの種類があります。代表的な例ではまずロールアップ方式が挙げられます。広告面をプリントした布を巻き込んで収納できるのがロールアップ方式の特徴です。ほとんど奥行きを必要としないため、他のタイプ以上に場所の制約がありません。持ち運びが楽な点も大きなメリットです。四隅に設けられたハトメを使って表示面の張りを出せるX型は、厚手の生地でもピンと張って見栄えの良い点が特徴です。スタンド部分がL型となっているタイプは最も単純な構造をしているため、コスト面で有利となります。バナースタンドを効果的に使えば店の集客力アップにも貢献してくれます。売れている店はこうした販促グッズを上手に活用しているものなのです。

おすすめ関連サイト集

  • 埼玉ロジスティックス

    低コストで、高い宣伝効果を得られます。埼玉でチラシ配布をしている業者がここにありますよ。気になる費用対効果を実感してみませんか?
  • 株式会社TCD

    ライバル会社と戦う力を身につけませんか。ブランディングならあなたを全力サポートしてくれますよ。WEBの世界を支配しましょう。
  • セリアート

    両面印刷ののぼりを手に入れるなら、低料金で高品質の仕上げを約束するところへ。経費を削減するコツになります。

効果的に宣伝する

旗

店舗の宣伝をしたいなら、のぼりを立てておくというのも意外と効果があります。ただ、自分で製作するのは大変なので、専門の業者にお願いしたいところですが、初心者ならインターネットで検索して、値段の相場や納期を調べておきましょう。